ドクターマーチンチェルシーブーツ

ミニマリストなあなたへ。

先日、東京は大雪で大変だったようだ。こんな時、我々雪国の人間がここぞとばかりに「たった数センチの雪で」と東京をバカにするのはナンセンスである。年に数回しか雪が降らないのだから、雪に弱くても(雪対策がなされていなくも)当然だ。それは、(数年に1回しかこない)台風に弱い北海道と一緒である。

北海道の雪対策と冬の靴事情

一方、半年近く雪の降る北海道、当たり前だが雪対策は万全だ。車はみんなスタッドレスタイヤを履き、ワイパーも冬用。坂道はロードヒーティングで雪が溶けているし、滑りやすい場所には砂利が撒かれスリップしにくくなっている。また、鉄道も北海道用の特別仕様の高級車だ。なお、それでも高速道路が通行止めになったり、鉄道が運休したりするときは、そんな北海道の雪対策でさえ追いつかないレベルの豪雪であるということ。これは諦めるしかない。

さて、そんな雪対策の中で身近ところに「靴」がある。北海道の靴屋には、雪道用の靴、いわゆる冬靴が売られている。中でも最強の冬靴は、靴底にスパイクが付いている。これはかなり滑りにくい。だが、そんな冬靴を必要とする土地はそんなにない。なので、どうしても選択肢が限られてしまう。そして、ファッション性に欠ける冬靴が多いのも実に残念な点である。

なので、健脚な道民は雪道用と特に謳われていない靴で冬を過ごす人も多い。なにせ、我々道民は冬道を歩くプロフェッショナルだ。攻略不可能と思われるツルツル路面も、華麗な足さばきで転ばずに歩いてみせる。ただ、例えば普通のスニーカーだとちょっと雪深いところでは雪が靴の中に入ってきたり、通気性が(悪い意味で)良いため足が冷えたりと、「歩き方」ではカバーできない点も多い。

 

 

ドクターマーチンを履いて分かった嬉しい誤算

そんな中、今シーズンから履き始めたのがドクターマーチンのチェルシーブーツ。マーチンと言えば黄色いステッチが定番だが、このチェルシーブーツのステッチは黒。アノニマスで普遍的なデザインがミニマルで美しい。さらに、ブランド名の由来でもあるマルテンス博士が発明した画期的なエアクッションソール「Air Wear」のおかげで足も疲れにくい。

そして、そのクッション性の高いソールのおかげか、想像以上に雪道で滑りにくいのが嬉しい誤算。おかげさまで、今シーズンは1度も転んでいない。また、頑丈な作りと高い防水性が自慢のマーチンだから、雪が染みてくることもない。もちろん、ブーツだから多少雪深いところでも雪が靴の中に入ってくることもない。

ミニマリストなあなたへ

そんな、高い機能性とファッション性を兼ね備えた、時代に左右されない普遍的なデザインのマーチンのチェルシーブーツは、雪国で暮らすミニマリストにぴったりのブーツだ。そして、あくまで「冬用」ではないので季節を問わず履くことができる。この「普段も使えて、いざという時には力を発揮する」という点も、きっと今ごろミニマリストなあなたの心をくすぐっているはずだ。

・・・

ドクターマーチン 2976 CHELSEA BOOT